【東京都】M&Aの方法にはどんな種類がある?M&Aのサポートは税理士にご相談を

事業規模の拡大や後継者問題の解消などを目指す場合、M&Aを検討する企業様も多いのではないでしょうか。東京都でM&Aについてもっと知りたいという企業様がいらっしゃいましたら、ぜひAnDus税理士事務所へご相談ください。税理士は、税務の面からM&Aのサポートが可能です。

事業を営んでいると、いつM&Aの当事者になるかわかりません。M&Aのメリットを享受するためには、M&Aの方法について理解する必要があります。

この記事では、M&Aについてお悩みの企業様へ、M&Aの方法・種類の詳細をご説明します。M&Aには以下のような方法があります。

合併

東京都でM&Aの相談ならAnDus税理士事務所。

買主側が売主側を包括的に吸収する方法であり、買収の対象は事業すべてです。買主側は一般的に株式を発行するため、現金でのやり取りは起きません(現金でも可能です)。手続きは比較的容易であり、買主・売主の両方が同じ法人となります。

株式譲渡

買主が売主の株式を購入し、その代金を売主が受領する基本的なM&A手法です。買収対象は売主側の事業すべてで、買主は売主の会社を子会社化することになります。M&Aでよく用いられている手法でもあります。

株式交換

売主が買主に株式を移動し、買主の会社の株式を代わりに受領するタイプのM&Aです。名前の通り、株式を交換する形でM&Aが実施されます。株式譲渡と同様に、売主側の会社を子会社化する形になります。

事業譲渡

売主が対象となる事業そのものを売却して、その代金を受領するタイプのM&Aです。買収の対象となるのは対象となる事業のみで、事業すべてではありません。買主は、買収した事業を自社に一体化します。株式譲渡では都合が悪い時に用いられることが多いです。

会社分割

売却、譲渡など、M&Aについてのご相談、お気軽にお問い合わせください。

売主が一部の事業を子会社化して、その子会社を買主に売却するM&A手法です。既存会社に事業を切り出す「吸収分割」と、新しく法人を設立して事業を切り出し承継させる「新設分割」があります。買主はお金がかからない、事業の法律的観点からみた移転が比較的容易などがメリットです。

M&Aにおける税理士の役割とは

税理士の業務といえば、確定申告・税務代理・会計業務などのイメージを持っている方も多いのではないでしょうか。こういった基本的な業務はもちろんですが、税理士はM&Aにおいても重要な役割を担っています。

税理士はM&Aにおいて、バリュエーションや財務・税務デューデリジェンスなどの役割を果たします。M&Aをするに値する起業なのか判断したり、取引に関する税務上のリスクを調査したりといった業務に対応しているのです。

M&Aに関する業務のご依頼は、東京都のAnDus税理士事務所へご相談ください。プロの税理士として、企業様のM&Aをサポートをさせていただきます。

M&Aのご相談、AnDus税理士事務所にお任せください。

東京都でM&Aにお悩みでしたら、AnDus税理士事務所にご相談ください。事業承継・M&Aを得意とするAnDus税理士事務所として、東京都世田谷区を中心に活動しています。各企業様の状況に応じた税務・会計業務の総合的なサポートを心がけていますので、細かな点も踏まえて何でもお話しください。対象エリアは東京都の他に、神奈川県も対象です。無料でお見積りを受け付けていますので、費用が気になる方はご依頼くだされば迅速に対応いたします。M&Aのご相談、お待ちしております。

東京都でM&Aの相談・サポートならAnDus税理士事務所

会社名 AnDus株式会社
事務所名 AnDus税理士事務所
代表 齋藤祐樹
住所 〒158-0084 東京都世田谷区東玉川2丁目27−12
電話番号 090-3659-0622
税理士資格 登録番号:第134487号
東京税理士会 世田谷支部所属
料金の目安 料金に関しましては、個別の依頼案件の内容によりご提示させていただきます。
まずはお気軽にお問い合わせください。
URL https://andus-tax.com/
Today's Schedule